メニュー
閉じる
HOME > p5

検索結果

hogehogehoge

Archive

Posts Tagged ‘p5’

はじまりの光 / まろぎ

11月 20th, 2013
Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'comment_count' not found or invalid function name in /home/broochweb/www/site/wp-includes/class-wp-hook.php on line 289
Comments off

■はじまりの光:
大地にあるすべてを照らす太陽を表現しています。フクリン留めでダイヤモンドをやさしく包んで軟らかな太陽の陽だまりを表現しています。実用的になるとフォーマル感を失うエンゲージリングですが引っかかりの無いデザインでもフォーマル感を失わないデザインです、太陽はいつも変わらずあなたを照らす・・・思う人の愛情をいつも身につけていたいと願う花嫁のデザインです。

■まろぎ:
光を受けて葉先で光る朝露(水滴)がモチーフ、一杯にあふれそうな表面張力の水滴はふたりの愛情が今にもこぼれだしそうな愛情の形に似ています、朝日を浴びて輝く水滴はいつまでもフレッシュで透明なふたりの心も道しるべになることを祈って…いくつもの川を統合して最終的に大きな流れとなるは大河は、重なり合う二人の人生と、様々な川と合流しより大き流れとなる事をこれから一緒に歩むふたりの人生をリングに込めてデザインしています。細いタイプの『まろぎ』はリングの断面が水滴のような、こんもりとした流線型でやわらかなやさしいラインで女性らしさを表しています。八千代シリーズストレート

薔薇のアーチ / ライオンの橋

11月 20th, 2013
Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'comment_count' not found or invalid function name in /home/broochweb/www/site/wp-includes/class-wp-hook.php on line 289
Comments off

■薔薇のアーチ:
二人でくぐると幸せになれるという祝福のバラのアーチがモチーフ、やさしく包みこまれたセンターダイヤモンドはアーチの中心となる二人の輝くさまをそのままに表現しています。両サイドにはピンクダイヤモンドの花が咲き、まさに祝福のアーチのデザインです。薔薇のアーチで使われる品種は、通常つる薔薇、花言葉は「愛」「いつも美しい」「約束を守る」そして「無邪気」。

■ライオンの橋:
江戸時代は幕府直轄の公儀橋だった難波橋。 天神橋、天満橋とともに「なにわの三大橋」と呼ばれ、大坂の八百八橋を代表する長大橋だったそうです。 当時の難波橋は反り橋だったことから、橋の上から遠くの山々を眺めることができたそうです。そのため絶好の行楽地として、夕涼み、舟遊び、花火見物などの人々で橋の上は賑やかだったとか、古くからそんな人々の絆を繋いできた『難波橋』をモチーフにしています。薔薇園へと続く石作りの反り橋は『あおぎ』をよりシャープなラインで描いたモデルです。

一輪の薔薇 / ライオンの橋

11月 20th, 2013
Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'comment_count' not found or invalid function name in /home/broochweb/www/site/wp-includes/class-wp-hook.php on line 289
Comments off

■一輪の薔薇:
一輪のバラの中に、人が生まれて死ぬ、また地球がはじまり、すべてのものが滅びてなくなる時までに咲いたすべてのバラがある。自分の目の前におかれたこの一輪を本当に愛して、それといっしょに生きることができるなら、すべての生を生き続けるのと同じだ……。(1990年幸田文と辻邦生との対談より引用) 一輪の薔薇は正に一期一会の花、悩んで考えて・・・最後にいきつく究極の形は最愛の人への気持ちの形。

■ライオンの橋:
江戸時代は幕府直轄の公儀橋だった難波橋。 天神橋、天満橋とともに「なにわの三大橋」と呼ばれ、大坂の八百八橋を代表する長大橋だったそうです。 当時の難波橋は反り橋だったことから、橋の上から遠くの山々を眺めることができたそうです。そのため絶好の行楽地として、夕涼み、舟遊び、花火見物などの人々で橋の上は賑やかだったとか、古くからそんな人々の絆を繋いできた『難波橋』をモチーフにしています。薔薇園へと続く石作りの反り橋は『あおぎ』をよりシャープなラインで描いたモデルです。

運命の花 / つむぎ

11月 20th, 2013
Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'comment_count' not found or invalid function name in /home/broochweb/www/site/wp-includes/class-wp-hook.php on line 289
Comments off

■運命の花:
すべての草花が生命力を失う厳しい冬、雪が舞いすべての草花が色を失ったその雪原に真っ赤に咲く命の花『雪椿』がモチーフです。雪椿の持つ圧倒的な生命力と雪の中でも咲き誇る愛の象徴として。椿の花言葉『私の運命はあなたの手に』雪椿の花言葉は『変わらない愛』。

■つむぎ:
光を受けて葉先で光る朝露(水滴)がモチーフ、一杯にあふれそうな表面張力の水滴はふたりの愛情が今にもこぼれだしそうな愛情の形に似ています、朝日を浴びて輝く水滴はいつまでもフレッシュで透明なふたりの心も道しるべになることを祈って…いくつもの川を統合して最終的に大きな流れとなるは大河は、重なり合う二人の人生と、様々な川と合流しより大き流れとなる事をこれから一緒に歩むふたりの人生をリングに込めてデザインしています。細いタイプの『つむぎ』はリングの断面がややシャープに描かれていてしなやかで美しいラインで女性らしさを表しています、紡いで繋がる形から連想されるウエーブ型はゆるやかに流れるふたりの幸せの時間

春の足音~雪割り草~

5月 13th, 2011
Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'comment_count' not found or invalid function name in /home/broochweb/www/site/wp-includes/class-wp-hook.php on line 289
Comments off

北国に春を告げる福寿草の別名が『雪割り草』。
花言葉は『永久の幸せ』『幸せを招く』と春を呼ぶイメージ。
残雪を押しのけて咲く雪割り草がモチーフ、アーム部分はマットつや消しに手彫りで雪を彫って雪原をイメージ。
たくさんの花を咲かせる雪割り草なので、サイドにピンクダイヤモンドメレーでまさに春の妖精のよう。メインのダイヤモンドは、6枚の花弁に支えられた花のイメージでダイヤモンドを職人の匠の技でテンションセッティングしています。
人生の春を告げる雪割り草が二人の春をより一層華やかに…